ビジネスプロデューサーは、プレゼンテーションの場において「伝えるよりも達する、達するよりも惹き込む」という意識を持ち続けています。

といいますのも、「人は聞きたいことだけ聞き、見たいものだけ見る」といった傾向があります。

よって、受け手の関心事や知識レベルを知らないとプレゼンテーションの意味すら無くなることがあります。

そのようなことにならないように、ビジネスプロデューサーは常に受け手の視点を持ち合わせ受け手に達する必要があります。

さらに、受け手を惹き込むためには、面白い(稀な)事例や実績を語ることです。

「人は、不思議なリアル感に惹き込まれる」ということを覚えておきましょう。

【本日の課題】
不思議なリアル感を醸しだす実例や実績を準備しましょう!

curious

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

©2023 INFIX

Log in with your credentials

Forgot your details?