「ビジネスプロデューサーが作る企画書は、ストーリー仕立てになっている」は、前回の話でいたしました。

あなたのプレゼンテーションが終わったとしましょう。

聞き手の反応は、「夢があって面白い!」。

それは、喜べる反応と言えるでしょうか?

確かに共感を得ていますが「END」になっています。

なぜ、「END」なのか?

現実味が無かったことが考えられます。現実味が加わっていたら「ところで・・・」といった反応になります。「END」にはならないのです。

もちろん、現実的な話ばかりでは面白くない(ワクワクしない)のが想像力豊かな人たちです。ゆえに、夢と現実の絶妙なバランス感覚が求められます。

「ところで・・・」を反論として捉えてしまう人もいますが、どんなプロフェッショナルでも完璧はありません。

「ところで・・・」は、「START」なのです。

そう、あなたの本当の魅力を知ってもらうスタートです。

【本日の課題】
「あなたの企画書のどこに現実味があるのか?」再確認しましょう!


BPA LIVE Vol.38 Inormation
パーソナルブランディング – 魅せるビジネスプロデューサーになるために

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

[recaptcha]

©2019 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?