多角的視点とは何か

目まぐるしい変化の中で、素早く「これだ!」と感じさせるアイデアを提供できる存在、それがビジネスプロデューサーである。しかも、アイデアは単なる思い付きではなく、複雑に絡み合った要素を一瞬にして紐解くパワーがギュッと詰まっていなければ意味をなさない。

ビジネスプロデューサーがそのアイデアを一言で語った瞬間に、その場にいる関係者の想像力が働き、皆のイメージが重なり合っていくのである。くどい説明など要らない。

 

どうしたら、そんなアイデアを生み、一言で語れるのだろうか?

 

まず、それらを特別なノウハウだと思わないことである。
アイデアは、ひねり出すものではないし、アイデア出しの手順なんてものはない。多角的な視点を持ち、考え続けている人間には、様々な要因が自然につながり体系化され刺激的なアイデアが浮かぶだけのことである。

 
【本日の課題】
「多角的視点」について考えてみましょう。
そして、自分の言葉で端的に書き表してみましょう!
さらに、「多角的視点に必要なことは何か?」についても考えてみましょう!

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

©2018 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?