今度のBPAライブ(ソリューション型)のメインテーマは、「スピード」。サブテーマとして、「ビジネスプロデューサーの思考と技術のスピード力」としています。

ビジネスプロデューサーは、一流コンサルタントと呼ばれる方々より素早く本質的な課題を掴み解決方法を提案できる存在であって欲しいからです。

まず、思考スピードをアップさせるためには、今の自分に何が必要だと思いますか?

「豊富な経験と知識」があれば、自分という存在がコンピューターでいうデータベース的機能を持ち合わせていることになりますので、素早く答えを出すことができるでしょう。

しかし、素早く答えを出すことと思考スピードをアップさせることは異なります。

今度のBPAライブの時に右脳開発のビデオを観ていただこうと思っています。「右脳を鍛えなさい」ということではありません。「素早く答えを出すことと思考スピードをアップさせることは異なる」ということを理解してもらうためです。よって、問題意識を持って観ていただこうと思っています。

思考とは、考えや思いを巡らせる行動です。
ビジネスにおいては、複雑なプロセスを経て結論を導くといえます。また、思考を説明するにあたり「***思考」といった表現を使っています。(例 : 創造的思考、論理的思考)

その思考スピードをアップさせるためには、思考プロセスに注目する必要があります。

例えば、

「ターゲットは?」と聞く(聞かれた)時は、最初から階層化したピラミッドストラクチャーをイメージするよう心掛け、次にそれぞれのシーン(場面)を想像し、最終的に言葉に置き換える。

といった思考のプロセスです。

ゆえに、思考スピードをアップさせるためには、最初のカタチ(概念図)が要で色々なパターンを持つことが大切です。よく「考えたことをどう図解するか?」と考えますが逆です。思考を整理し図解にまとめるのではなく、概念図(ストラクチャーやフロー等)を利用し思考を早めるトレーニングによって言葉を操作することができます。

次に「ビジネスプロデューサーの技術とは何か?」想像してみてください。

【本日の課題】
「ビジネスプロデューサーの技術とは何か?」書き出してみましょう!

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

©2019 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?