限られた時間内で理解を得るのことは大変なことです。

だからと言って、「言い尽くす」プレゼンは得策とは言えません。

また、「すべてを語らないと理解できない」は間違いです。

すべてを語らずとも感じ取らせることができるからです。

それには、『理由』が要ります。

何を、どのように、いつ(What, How, When)ではなく、何を、何故やるのか(What, Why)に注力することです。

企画は、単なる計画や報告とは異なります。

「企む理由」なくして企画とは言えません。

あるビジネスプロデューサーの話です。
20ページもの企画書を準備したにもかかわらず、クライアント(社長)の都合で15分程の時間しかもらえなかったそうです。結果、使った資料は1ページ目(表紙)と2ページ目(コンセプト)のたった2枚でした。

後日、クライアントから連絡があり「プロジェクト化したいので具体的な内容を聞かせて欲しい」と言われたそうです。

1ページ目の表紙は、「何をするのか」を感じ取れるタイトルになっていて、2ページ目のコンセプトには、簡単なスケッチと「何故やるのか」を少し長めの文章で記していました。

つまり、20ページの企画書は、「最初の2枚に集約されていた」といえます。

後日、分かったそうです。
クライアント(社長)は、2ページ目の「理由」に感動していたことを。

【本日の課題】
「何故やるのか?」を考え抜きましょう!


BPA LIVE Vol.38 Inormation
パーソナルブランディング – 魅せるビジネスプロデューサーになるために

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

[recaptcha]

©2019 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?