ビジネスプロデューサーにとって、企画書はヒト・モノ・カネを動かすツールです。大袈裟に言えば「武器」です。

ビジネスプロデューサーは、権限によってヒト・モノ・カネを動かす組織人間ではないので、なおのこと、企画力が求められます。

そして、ビジネスプロデューサーが作る企画書は、ストーリー仕立てになっています。

ストーリー(物語)によって、人々を魅了し共感を得るのです。

いや、「惹きこむ」といった方が正しいかもしれません。

ストーリー仕立ての企画書とは、読み手の興味をそそり、読み手の想像力を掻きたてるものです。

結果、読み手は、あなたのために動き出します。

但し、自己中心的な欲望(我欲)を掻きたてるものではありません。

企画書は、あなたの心までも映し出します。

正しいこころを持って企画しないと間違いを犯します。

あるビジネスプロデューサーは、「企画書は命である」といいました。

「なるほど!」と思いました。

【本日の課題】
「なぜ、企画書が命なのか?」その理由を考えて見ましょう!


BPA LIVE Vol.38 Inormation
パーソナルブランディング – 魅せるビジネスプロデューサーになるために

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

[recaptcha]

©2019 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?