「ビジネスプロデューサーに必要な能力は?」と聞かれて、あなたは何と答えますでしょうか?

BPAに所属するビジネスプロデューサーに聞いてみました。

まず、基本的な能力として
1. プランニング力(企力)
2. プレゼンテーション力(魅力)
3. ファシリテーション力(和力)
の3つが必要だ、とのこと。

そして、プロジェクトマネジメント力が非常に重要だということでした。

プロジェクトマネジメントは、
1. コンセプトマネジメント
2. 目標マネジメント
3. リスクマネジメント
4. 情報共有マネジメント
5. 戦略マネジメント
6. 人的資源マネジメント
7. 品質マネジメント
8. 予算マネジメント
9. 時間マネジメント
の9つに細分化できるそうで、

さらに、段階的な思考法と総合的なコミュニケーション力が求められます。

段階的な思考法とは、
1. 創造的思考
2. 論理的思考
3. デザイン思考
4. 批判的思考
5. 戦略的思考
の5つがあり、基本的な3つの能力とリンクするのだそうです。

最後の総合的なコミュニケーション力とは、
1. 多角的視点
2. 視点移動
の2つが不可欠なものとのことでした。

「ワァー、有り過ぎ!」
と思われるかもしれません。

触りの部分だけですが、過去のBPA LIVEの中で語られています。

さらに、BPA LIVE Vol.28「ビジネスを加速する美しい仕組の描き方」の中で、「経営者、コンサルタント、クリエイター(デザイナー)という3つの職業は、いずれもビジネスプロデューサーになるための通過点である」としています。

となると、どれほどの能力が必要なのでしょうか?
果たして、ビジネスプロデューサーになるためには何年掛かるのでしょうか?

と思われるでしょう。
傾向として、BPAに入会する方は、今のところ、経営者か、コンサルタントか、クリエイターとしてご活躍されている方々のように見受けられます。

何故だと思いますか?

それも聞いてみました。

答えは、「復活する人だから」とのこと。

???

果たして、復活するということは、失敗した人?負けた人?崩れ落ちた人?

何故、復活する人がビジネスプロデューサーなのでしょう。

ビジネスプロデューサーには、人並み外れた能力が必要なことと、ビジネスプロデューサーとは、地獄を観た人たちが目指す生き方のようにも感じ取れます。

イキザマが凄いからこそ、企画も魅力的になるのでしょう。

【本日の課題】
「なぜ、復活する人がビジネスプロデューサーなのか?」考えて見ましょう!

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ本文

[recaptcha]

©2019 INFIX

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?